あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2020年 第55回京都牝馬ステークス】特徴まとめ

京都牝馬ステークス 特徴

京都牝馬ステークスは、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝1,400mを舞台に開催している重賞競走。

京都牝馬ステークスは、1966年に4歳(現3歳)以上の牝馬による重賞競走として「京都牝馬特別(きょうとひんばとくべつ)」という名称で創設され、2001年に現行の「京都牝馬ステークス」に改称された。

創設当初は秋季の京都競馬場の芝2,000mで施行されていたが、1968年に芝1,600m(外回り)、2016年に現行の芝1,400m(外回り)に短縮された。施行時期は1983年に冬季かつ5歳(現4歳)以上の牝馬限定戦に変更されて現在に至る。

2006年に春の古馬牝馬チャンピオン決定戦として「ヴィクトリアマイル」が新設された。これに伴い、京都牝馬ステークスもヴィクトリアマイルに向けた古馬牝馬重賞路線の一角を担う重要なレースとなった。

1992年より外国産馬、2005年より外国調教馬、2020年より地方競馬所属の競走馬の出走が可能となった。

【2020年 第55回京都牝馬ステークス】コースの特徴

2020年 第55回京都牝馬ステークス コース特徴

京都牝馬ステークスのコースの特徴を見てみよう。京都牝馬ステークスのコースは、スタート地点から3コーナーまで十分な距離があり、向上面に上り坂があることから、前半のペースはゆったりと流れやすいという特徴がある。

京都牝馬ステークスのコースの特徴として、前半が楽である分、3コーナー進入後の急な下り坂からペースアップして、平坦な直線にかけて長く脚を使うことが要求される。

京都競馬場の芝は、内回りコースと外回りコースがあり、移動柵もA~Dコースまでとれることから、終始インコースの良い状態が続く。スプリントレースにも対応できるくらいのスピードの持続力が要求されやすくなっている。

【2020年 第55回京都牝馬ステークス】過去10レースの優勝馬

続いては京都牝馬ステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第45回2010年1月31日1400mヒカルアマランサス牝411:36.4
第46回2011年1月30日1400mショウリュウムーン牝451:33.7
第47回2012年1月29日1400mドナウブルー牝421:33.8
第48回2013年1月19日1400mハナズゴール牝411:34.3
第49回2014年1月25日1400mウリウリ牝4/td>21:33.0
第50回2015年1月24日1400mケイアイエレガント牝691:33.9
第51回2016年2月20日1400mクイーンズリング牝411:22.9
第52回2017年2月18日1400mレッツゴードンキ牝511:22.5
第53回2018年2月17日1400mミスパンテール牝411:23.0
第54回2019年2月16日1400mデアレガーロ牝491:21.0

【2020年 第55回京都牝馬ステークス】レース傾向

京都牝馬ステークスのレース傾向を紐解いていこう。

過去4年の京都牝馬ステークスにおいて、10番から15番が好走する傾向にあり、3着内馬のうち10頭がこれに該当していた。特に10番だった競走馬は2勝・2着2回と計4頭が連対している。このほか、8番が1勝、6番が3着に1に入っていて、1番から5番および16番より外側の馬番だった競走馬は3着内馬に入った例がない。

また、前走の施行距離もポイントとなっていて、1,400m以上のレースから出走してきた競走馬が好走する傾向にあり、過去4年の優勝馬はこれに該当していた。その一方で、前走が1,200mのレースだった競走馬は3着内率4.5%と苦戦傾向にあった。

ページトップへ