あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第68回スプリングステークス】特徴まとめ

スプリングステークス(Spring Stakes)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞はフジテレビ賞。

寄贈賞を提供しているフジテレビは、東京都港区台場に本社を置く放送局である。競走名の「スプリング(Springs)」とは、春を意味する英語。

競馬番組表では、「フジテレビ賞 スプリングステークス(フジテレビしょう スプリングステークス)」と表記されている。

スプリングステークスは、1957年に4歳(現3歳)馬による重賞競走として創設された。創設当時は東京競馬場の芝1,800mで行なわれていたが、その後施行場と距離は幾度かの変遷を経て、1960年に中山競馬場の芝1,800mに定着した。また、負担重量も創設時は別定だったが、「皐月賞トライアル」の副称がつけられた1958年に定量、2003年に馬齢に変更された。

またスプリングステークスは、1990年まで5着以内に入った競走馬に皐月賞の優先出走権を付与していたが、1991年に3着までに改められた。現在は皐月賞・東京優駿(日本ダービー)へと続く春のクラシック路線、そしてNHKマイルカップの重要な前哨戦として位置づけられている。

1995年より地方競馬所属の競走馬、2002年より外国産馬、2010年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第68回スプリングステークス】コースの特徴

2019年 第37回中山牝馬ステークス コース特徴

スプリングステークスのコースの特徴を見てみよう。スプリングステークスのコースは、ホームストレッチの上り坂からのスタートとなる。スタート地点から1コーナーまでの距離は約200mと短く、そのうえ決勝線から1コーナーの途中までが上り坂という特徴がある。

1コーナーを過ぎてから向正面半ばまでが緩やかな下り坂になっていて、3~4コーナーにかけてはほぼ平坦になっていて、最後の直線は310mもある。直線の半ばには急な上り坂(高低差2.2m)がある。

2014年の路盤改修後は、従来よりも上りが出やすくなったように思えるものの、前半から負担がかかることから、JRAの芝1,800mの中ではタフなコースという特徴がある。

スプリングステークスのコースは、ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいという特徴がある。

【2019年 第68回スプリングステークス】過去10レースの優勝馬

続いてスプリングステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第58回2009年3月22日1800mアンライバルド牡311:50.8
第59回2010年3月21日1800mアリゼオ牡321:48.2
第60回2011年3月26日1800mオルフェーヴル牡311:46.4
第61回2012年3月18日1800mグランデッツァ牡331:50.7
第62回2013年3月17日1800mロゴタイプ牡311:47.8
第63回2014年3月23日1800mロサギガンティア牡331:48.4
第64回2015年3月22日1800mキタサンブラック牡351:49.1
第65回2016年3月20日1800mマウントロブソン牡341:48.1
第66回2017年3月19日1800mウインブライト牡351:48.4
第67回2018年3月18日1800mステルヴィオ牡311:48.1

【2019年 第68回スプリングステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ