あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第67回クイーンステークス】特徴まとめ

クイーンステークスは、日本中央競馬会(JRA)が札幌競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞は北海道新聞社賞で、寄贈賞を提供する北海道新聞社は、北海道札幌市に本社を置く新聞社である。競馬番組表では、「北海道新聞杯 クイーンステークス(ほっかいどうしんぶんはい クイーンステークス)」と表記されている。

クイーンステークスは、1953年に4歳(現3歳)の牝馬による重賞競走として創設された。その後施行場について東京競馬場と中山競馬場との間で幾度も変更されたのち、新潟競馬場で施行された1988年を除き、1980年から1999年まで中山競馬場での施行が定着していた。

1991年より優勝馬を含む3着内馬にエリザベス女王杯の優先出走権が付与されるようになり、1995年はエリザベス女王杯のトライアル競走及び指定交流競走として施行され、地方競馬所属の競走馬の出走も可能となった。その後1996年に秋華賞が新設されたことに伴い、施行距離が芝1,800mに変更されて秋華賞のトライアル競走となった。

2000年に牝馬競走体系整備の一環で、施行場が札幌競馬場に移されたのと同時に4歳(現3歳)以上の牝馬限定戦となった。これにより、レースの位置づけと性格がこれ以降大きく変わることとなった。2009年より国際競走となり、外国調教馬の出走も可能となった。

1995年から1999年の間は中山競馬場で施行されていて、この当時は時事通信社が寄贈の提供を行っており、「時事通信杯 クイーンステークス」という名称になっていた。

【2019年 第67回クイーンステークス】コースの特徴

2019年 第67回クイーンステークス コース特徴

クイーンステークスのコースの特徴を見ていこう。クイーンステークスのコースはスタートしてから1コーナーまでの距離が約200mで、コーナーが4つ存在する芝1,800mのコースの中では最も短い距離となる。

クイーンステークスのコースの特徴として、全体がほぼ平坦になっており、直線が短い(Cコース使用時269.1m)ことから、その前の4コーナーから加速することになるものの、コーナーが緩いため勢いがつきやすくなっている。

最初の1コーナーをロスなく回り、4コーナーから加速し、短い直線でトップスピードに乗れるタイプの競走馬がクイーンステークスにおいて好走するしやすいというのも特徴である。

【2019年 第67回クイーンステークス】過去10レースの優勝馬

続いてはクイーンステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第57回2009年8月16日1800mピエナビーナス牝5111:48.2
第58回2010年8月15日1800mアプリコットフィズ牝321:47.6
第59回2011年8月14日1800mアヴェンチュラ牝311:46.6
第60回2012年7月29日1800mアイムユアーズ牝311:47.2
第61回2013年7月28日1800mアイムユアーズ牝411:49.4
第62回2014年8月3日1800mキャトルフィーユ牝521:45.7
第63回2015年8月2日1800mメイショウスザンナ牝671:47.1
第64回2016年7月31日1800mマコトブリジャール牝691:47.7
第65回2017年7月30日1800mアエロリット牝321:45.7
第66回2018年7月29日1800mディアドラ牝411:46.2

【2019年 第67回クイーンステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ