あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第79回桜花賞】特徴まとめ

桜花賞(おうかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1,600mを舞台に開催している重賞競走。正賞は内閣総理大臣賞と日本馬主協会連合会会長賞。

競馬番組表では「サンケイスポーツ杯 阪神牝馬ステークス(サンケイスポーツはい はんしんひんばステークス)」と表記されている。

桜花賞は、1939年にイギリスの「1000ギニー」を参考に、最もスピードのある優秀な牝馬の選定と優秀な繁殖牝馬を発掘するべく、「中山四歳牝馬特別(なかやまよんさいひんばとくべつ)」という名称で4歳(現3歳)牝馬限定の競走として創設。東京優駿競走・阪神優駿牝馬(現・優駿牝馬)・横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)・京都農林省賞典四歳呼馬(現・菊花賞)と共にクラシック競争の一つとして数えられた。

途中太平洋戦争の戦局の悪化により中断するも、戦後の1947年に名称を現行の「桜花賞」に変更して京都競馬場にて再開した。その後1950年に施行場が現行の阪神競馬場に移された。

1984年にグレード制が導入されたことを受けてGI(国内限定の格付)に格付され、2007年から2009年は日本がパートⅠ国に昇格したことにより「JpnI」、2010年に国際競走となったことから国際格付のGIに変更された。

1995年に指定交流競走となったことから、地方競馬所属の競走馬も出走可能となり、2004年より外国産馬、2010年より外国調教馬も出走可能となった。

【2019年 第79回桜花賞】コースの特徴

2019年 第62回阪神牝馬ステークス コース特徴

桜花賞のコースの特徴を見ていこう。桜花賞のコースは、スタート後に外回りコースに入ってから3コーナー手前までが上り坂となっている。4コーナーから直線に向いてから残り190m付近までが緩やかな下り坂となっている。

直線距離はAコース使用時で473.6mもあり、ゴール前に高低差1.8mの急な上り坂がある。桜花賞のコースは、前半に負荷がかかりやすい構造となっており、道中は脚をためて、直線でスピードを発揮する競走馬が基本的に有利となるが、極端にスローなペースとなると逃げ馬が有利となるという特徴がある。

開催前半で芝の状態が良好な場合は、インを回る能力や先行力がキーとなりやすい。

【2019年 第79回桜花賞】過去10レースの優勝馬

続いて桜花賞の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第52回2009年4月12日1600mブエナビスタ牝3/td>11:34.0
第53回2010年4月11日1600mアパパネ牝311:33.3
第54回2011年4月10日1600mマルセリーナ牝321:33.9
第55回2012年4月8日1600mジェンティルドンナ牝321:34.6
第56回2013年4月7日1600mアユサン牝371:35.0
第57回2014年4月13日1600mハープスター牝311:33.3
第58回2015年4月12日1600mレッツゴードンキ牝351:36.0
第59回2016年4月10日1600mジュエラー牝331:33.4
第60回2017年4月9日1600mレーヌミノル牝381:34.5
第61回2018年4月8日1600mアーモンドアイ牝341:33.1

【2019年 第79回桜花賞】レース傾向

現在調査中

ページトップへ