あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第67回日経賞】特徴まとめ

日経賞(にっけいしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝2,500mを舞台に開催している重賞競走。正賞は日本経済新聞社賞。

寄贈賞を提供する日本経済新聞社は、東京都と大阪府に本社を置く新聞社である。

日経賞は、1953年に5歳(現4歳)以上の競走馬による重賞競走「日本経済賞」として創設された。1979年に現行の「日経賞」に改称された。

創設当時は中山競馬場の芝3,200mで施行されていたが、施行場・施行距離・施行時期が幾度か変更され、1967年に施行距離が中山競馬場の芝2,500m、1984年に施行時期が3月から4月の中山開催で定着した。同時に天皇賞・春の重要な前哨戦として位置づけられた。

2014年以降は、日経賞の優勝馬に天皇賞・春の優先出走権が付与されることとなっている。

1989年より外国産馬、1995年より地方競馬所属の競走馬、2002年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第67回日経賞】コースの特徴

2019年 第67回日経賞 コース特徴

日経賞のコースの特徴を見ていこう。日経賞のコースは、外回りコースの3コーナー手前からのスタートで、3~4コーナーを回り、ホームストレッチにて高低差2.2mの急な坂を上るという特徴がある。

決勝線より1コーナーにかけても上り坂であり、2コーナーから向正面半ばまでは緩い下り坂となっている。3~4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いている。最後の直線距離は310mもあり、直線半ばに2回目の急な上り坂があるのも日経賞のコースの特徴の一つだ。

2014年の路面改修後はラストのスピードが生きる傾向が強まり、勝負どころまで体力を温存できる操縦性と最終コーナーからゴールまでスピードを持続できる能力が問われるという特徴がある。

【2019年 第67回日経賞】過去10レースの優勝馬

続いて日経賞の過去10年の優勝馬を見ていこう。

(※2011年のみ阪神競馬場の芝2,400mで施行されている。)

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第57回2009年3月28日2500mアルナスライン牡542:31.2
第58回2010年3月27日2500mマイネルキッツ牡762:34.1
第59回2011年4月2日2400mトゥザグローリー牡412:25.4
第60回2012年3月24日2500mネコパンチ牡6122:37.4
第61回2013年3月23日2500mフェノーメノ牡412:32.0
第62回2014年3月29日2500mウインバリアシオン牡612:34.4
第63回2015年3月28日2500mアドマイヤデウス牡442:30.2
第64回2016年3月26日2500mゴールドアクター牡522:36.8
第65回2017年3月25日2500mシャケトラ牡442:32.8
第66回2018年3月24日2500mガンコ牡532:33.9

【2019年 第67回日経賞】レース傾向

現在調査中

ページトップへ