あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第41回新潟大賞典】特徴まとめ

新潟大賞典(にいがただいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝2,000mを舞台に開催している中央競馬の重賞競走。正賞は新潟県知事賞。

1967年から1977年まで福島競馬場で「福島大賞典(ふくしまだいしょうてん)」という競争を施行していたが、1978年に福島競馬場の馬場改修工事が実施された際に、新潟競馬場で「新潟ステークス(事実上は第12回福島大賞典)」として施行されたのをきっかけに廃止。これに代わり、1979年に5歳(現4歳)以上の競走馬による重賞競走として創設されたのが「新潟大賞典」である。

創設当時は、芝2,000m(右回り)で施行されていたが、1984年に芝2,200m(右回り)、1996年に芝2,000m(右回り)と変更され、2002年に芝外回り2,000m(左回り)で定着した。

2005年に国際競走となったことから、外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第41回新潟大賞典】コースの特徴

2019年 第41回新潟大賞典 コース特徴

新潟大賞典のコースの特徴を見ていこう。新潟大賞典のコースは2コーナー奥のポケットからのスタートとなり、バックストレッチをフルに走るレイアウトになっていて、3コーナーまでの距離が約950mとなっている。

スタートからしばらくは平坦になっているが、外回りコースに入ってから3コースまでが緩やかな上り坂、そこから4コーナーにかけて緩やかな下り坂という特徴を持っている。

新潟大賞典のコースは、JRAの芝2,000mで唯一コーナー通過が2回(東京競馬場は3回、その他の競馬場は4回)のコースとなっている。ちなみに直線距離は658.7mと、JRAの競馬場で最も長い(芝直線1,000mを除く)直線距離となっている。

新潟大賞典のコースは上がりが極端に速いレースなりやすい上に、直線コースで内と外での有利不利が極端に出るケースが見られるのも特徴となっていて、騎手のポジション取りが重要なコースと言える。

【2019年 第41回新潟大賞典】過去10レースの優勝馬

続いては天皇賞(秋)の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第31回2009年5月9日2000mシンゲン牡651:56.9
第32回2010年5月8日2000mゴールデンダリア牡621:57.7
第33回2011年5月8日2000mセイクリッドバレー牝521:58.4
第34回2012年5月6日2000mヒットザターゲット牡451:59.0
第35回2013年5月5日2000mパッションダンス牡561:56.9
第36回2014年5月11日2000mユールシンギング牡431:59.2
第37回2015年5月10日2000mダコール牡751:59.6
第38回2016年5月8日2000mパッションダンス牡8101:57.8
第39回2017年5月7日2000mサンデーウィザード牡531:58.6
第40回2018年5月6日2000mスズカデヴィアス牡752:00.0

【2019年 第41回新潟大賞典】レース傾向

現在調査中

2
ページトップへ