あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第55回新潟記念】特徴まとめ

新潟記念(にいがたきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝2,000mを舞台に開催している中央競馬の重賞競走。農林水産省が賞を提供していることから、正式名称は「農林水産省賞典 新潟記念」(のうりんすいさんしょうしょうてん にいがたきねん)。

新潟記念は、新潟競馬場で開催される重賞競走の中で最も歴史が古く、1965年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設された。第1回は新潟競馬場の芝2,000m(内回り)で開催。

その後、1974年から1999年まで外回りコースで開催されたのち、2001年に左回りの新コースが完成。これに伴い、この年から左回りの芝2,000m(外回り)での開催となっている。

1984年にグレード制導入され、新潟記念はGIIIに格付された。1995年から外国産馬、1998年から地方競馬所属の競走馬がそれぞれ出走可能となった。また、2006年より外国馬も出走可能となった。翌2007には国際格付けを取得。

2006年よりJRAが夏季競馬を盛り上げる目的で設けた「サマー2000シリーズ」の最終戦に組み込まれ、シリーズチャンピオンを決定する重要な一戦となっている。現在、新潟記念の優勝馬から、2007年のユメノシルシ、2009年のホッコーパドゥシャ、2010年のナリタクリスタル、2012年のトランスワープ、2014年のマーティンボロ、2017年のタツゴウゲキがシリーズチャンピオンに輝いている。

新潟記念の出走資格はサラ系3歳以上の競走馬で、負担重量はハンデキャップ。正賞は農林水産大臣賞と新潟馬主協会会長賞。

【2019年 第55回新潟記念】コースの特徴

2019年 第55回新潟記念 コース特徴

新潟記念のコースの特徴を見ていこう。新潟記念のコースは2コーナー奥のポケットからのスタートとなり、バックストレッチをフルに走るレイアウトになっていて、3コーナーまでの距離が約950mとなっている。

スタートからしばらくは平坦になっているが、外回りコースに入ってから3コースまでが緩やかな上り坂、そこから4コーナーにかけて緩やかな下り坂という特徴を持っている。

新潟記念のコースは、JRAの芝2,000mで唯一コーナー通過が2回(東京競馬場は3回、その他の競馬場は4回)のコースとなっている。ちなみに直線距離は658.7mと、JRAの競馬場で最も長い(芝直線1,000mを除く)直線距離となっている。

新潟記念のコースは上がりが極端に速いレースなりやすい上に、直線コースで内と外での有利不利が極端に出るケースが見られるのも特徴となっていて、騎手のポジション取りが重要なコースと言える。

【2019年 第55回新潟記念】過去10年の優勝馬

続いては新潟記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第45回2009年8月30日2000mホッコーパドゥシャ牡751:59.6
第46回2010年8月29日2000mナリタクリスタル牡451:58.4
第47回2011年8月28日2000mナリタクリスタル牡551:59.1
第48回2012年9月2日2000mトランスワープせん771:57:6
第49回2013年9月1日2000mコスモネモシン牝6101:58:9
第50回2014年9月7日2000mマーティンボロ牡511:58:3
第51回2015年9月6日2000mパッションダンス牡761:58:2
第52回2016年9月4日2000mアデイインザライフ牡521:57.5
第53回2017年9月3日2000mタツゴウゲキ牡561:57.9
第54回2018年9月2日2000mブラストワンピース牡311:57.5

【2019年 第55回新潟記念】レース傾向

新潟記念のレース傾向を紐解いていこう。昨年の新潟記念では、6番人気のタツゴウゲキが優勝し、2着には1番人気のアストラエンブレム、3着には12番人気のカフジプリンスが入った。過去10年のうち6年で、単勝5番人気以下の競走馬が1、2位を占めており、混戦になる傾向が強いことが分かる。

新潟記念は、昨年の3着馬が12番人気のカフジプリンスでオッズは31.9倍、2016年の3着馬のロンギングダンサーで18.3倍であったように、単勝人気が割れる傾向がかなり強い。

データを見てみると、1番人気馬と2番人気馬は活躍しているとは言い難く、活躍が目立っているのは1着5回の5番人気馬や2着6回の8~10番人気の馬という結果になっている。新潟記念は単勝人気に注目して馬券を買うことがコツとなりそうだ。

ページトップへ