あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第72回鳴尾記念】特徴まとめ

鳴尾記念(なるおきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝2,000mを舞台に開催している重賞競走。正賞は農林水産大臣賞で、競馬番組表では「農林水産省賞典 鳴尾記念(のうりんすいさんしょうしょうてん なるおきねん)」と表記されている。

競走名の「鳴尾」とは、1907年に関西競馬倶楽部が兵庫県武庫郡鳴尾村(現・西宮市)に建設された鳴尾競馬場に由来する。この鳴尾競馬場は、1937年に「阪神競馬場」に改称されたが、1943年に閉鎖された。現在存在している阪神競馬場は、1949年に創設された。

鳴尾記念は、1951年に阪神競馬場の芝2,400mにてハンデキャップの重賞競走として創設され、6月と12月の年2回で施行されていたが、1954年以降は年1回の施行となっている。1984年にグレード制が導入されたことに伴いGII格付され、施行時期・距離・競走条件ともに幾度か変更された。

1997年6月に芝2,000mで国際競走、そして宝塚記念の前哨戦として施行された。2000年より施行時期が12月に移設され、地方所属の競走馬の出走が可能となったが、国際競走でなくなった上に格付がGIIIに降格となった。

2006年に施行距離が芝1,800mに短縮され、再び国際競走に指定された。2012年に施行時期が再び6月に移され、距離も再び芝2,000mとなった。

【2019年 第72回鳴尾記念】コースの特徴

2019年 第72回鳴尾記念 コース特徴

鳴尾記念のコースの特徴を見てみよう。のコースは、ホームストレッチの半ばからのスタートとなる。

1コーナーまでの距離が約350mで、1コーナーから2コーナーそしてバックストレッチまではほぼ平坦になっており、3コーナー過ぎから4コーナーそして直線の半ばにかけて緩やかな下り坂となっているという特徴がある。直線距離はAコース使用時で356.5m。

ゴール前には2回目の急な上り坂が待ち受けており、最終コーナーから加速し、坂のある直線でも末脚を伸ばし続けられるスタミナと馬力が要求されやすいという特徴がある。

【2019年 第72回鳴尾記念】過去10レースの優勝馬

続いては鳴尾記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第62回2009年12月5日1800mアクシオン牡671:46.5
第63回2010年12月4日1800mルーラーシップ牡321:44.9
第64回2011年12月3日1800mレッドデイヴィスセ341:45.6
第65回2012年6月2日2000mトゥザグローリー牡522:00.1
第66回2013年6月1日2000mトウケイヘイロー牡461:58.9
第67回2014年6月7日2000mエアソミュール牡511:59.1
第68回2015年6月6日2000mラブリーデイ牡521:58.8
第69回2016年6月4日2000mサトノノブレス牡631:57.6
第70回2017年6月3日2000mステイインシアトル牡631:59.4
第71回2018年6月2日2000mストロングタイタン牡541:57.2

【2019年 第72回鳴尾記念】レース傾向

現在調査中

ページトップへ