あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第37回中山牝馬ステークス】特徴まとめ

中山牝馬ステークス(なかやまひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞はローレル競馬場賞で、寄贈賞を提供するローレルパーク競馬場は、アメリカ合衆国のメリーランド州にある競馬場である。創設時より同競馬場との親善を目的として、競走名に場名を冠している。

競馬番組表では、「ローレル競馬場賞 中山牝馬ステークス(ローレルけいばじょうしょう なかやまひんばステークス)」と表記されている。

中山牝馬ステークスは、1972年に5歳(現4歳)以上の牝馬によるオープン特別として創設された。1983年に重賞に昇格し、1984年にグレード制が導入されてGIIIに格付けされた。

2006年に4歳以上の牝馬重賞路線が整備されて、同年に新設された「ヴィクトリアマイル」の前哨戦として位置づけられることとなった。

1993年より外国産馬、2006年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第37回中山牝馬ステークス】コースの特徴

2019年 第37回中山牝馬ステークス コース特徴

中山牝馬ステークスのコースの特徴を見てみよう。中山牝馬ステークスのコースは、ホームストレッチの上り坂からのスタートとなる。スタート地点から1コーナーまでの距離は約200mと短く、そのうえ決勝線から1コーナーの途中までが上り坂という特徴がある。

1コーナーを過ぎてから向正面半ばまでが緩やかな下り坂になっていて、3~4コーナーにかけてはほぼ平坦になっていて、最後の直線は310mもある。直線の半ばには急な上り坂(高低差2.2m)がある。

2014年の路盤改修後は、従来よりも上りが出やすくなったように思えるものの、前半から負担がかかることから、JRAの芝1,800mの中ではタフなコースという特徴がある。

中山牝馬ステークスのコースは、ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいという特徴がある。

【2019年 第37回中山牝馬ステークス】過去10レースの優勝馬

続いて中山牝馬ステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第27回2009年3月15日1800mキストゥヘヴン牝641:49.1
第28回2010年3月14日1800mニシノブルームーン牝641:47.6
第29回2011年4月2日1800mレディアルバローザ牝4101:45.4
第30回2012年3月11日1800mレディアルバローザ牝581:50.6
第31回2013年3月10日1800mマイネイサベル牝561:48.5
第32回2014年3月16日1800mフーラブライド牝511:48.5
第33回2015年3月15日1800mバウンスシャッセ牝431:47.5
第34回2016年3月13日1800mシュンドルボン牝541:50.3
第35回2017年3月12日1800mトーセンビクトリー牝551:49.4
第36回2018年3月10日1800mカワキタエンカ牝461:49.0

【2019年 第37回中山牝馬ステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ