あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第93回中山記念】特徴まとめ

中山記念(なかやまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞は千葉県知事賞。

中山記念は、1930年に創設の「内国産馬競走 4000米」と1933年に創設の「中山5歳馬特別競走」を前身とし、1936年に4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップ競走として創設され、春季に行われる国内外の大レースを目指す実績馬や力をつけてきた上り馬がぶつかり合う伝統あるレースとして定着している。

創設当初は春と秋の年2回で施行されていたが、1952年に秋のみの施行となった。その後施行距離と開催時期が幾度か変更され、1957年に施行距離が1,800m、1972年に施行時期が2月下旬から3月上旬に定着し、負担重量も別定に変更された。

2017年より中山記念の優勝馬に同年よりGIに昇格することとなった大阪杯への優先出走権が与えられ、同時に地方競馬所属の競走馬の出走も可能となった。

1984年より外国産馬、2004年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第93回中山記念】コースの特徴

2019年 第93回中山記念 コース特徴

中山記念のコースの特徴を見てみよう。中山記念のコースは、ホームストレッチの上り坂からのスタートとなる。スタート地点から1コーナーまでの距離は約200mと短く、そのうえ決勝線から1コーナーの途中までが上り坂という特徴がある。

1コーナーを過ぎてから向正面半ばまでが緩やかな下り坂になっていて、3~4コーナーにかけてはほぼ平坦になっていて、最後の直線は310mもある。直線の半ばには急な上り坂(高低差2.2m)がある。

2014年の路盤改修後は、従来よりも上りが出やすくなったように思えるものの、前半から負担がかかることから、JRAの芝1,800mの中ではタフなコースという特徴がある。

中山記念のコースは、ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいという特徴がある。

【2019年 第93回中山記念】過去10レースの優勝馬

続いて中山記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第83回2009年3月1日1800mカンパニー牡811:49.2
第84回2010年2月28日1800mトーセンクラウン牡6131:51.7
第85回2011年2月27日1800mヴィクトワールピサ牡411:46.0
第86回2012年2月26日1800mフェデラリスト牡531:47.3
第87回2013年2月24日1800mナカヤマナイト牡521:47.3
第88回2014年3月2日1800mジャスタウェイ牡521:49.8
第89回2015年3月1日1800mヌーヴォレコルト牝431:50.3
第90回2016年2月28日1800mドゥラメンテ牡411:45.9
第91回2017年2月26日1800mネオリアリズム牡631:47.6
第92回2018年2月25日1800mウインブライト牡421:47.6

【2019年 第93回中山記念】レース傾向

現在調査中

ページトップへ