あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第24回マーメイドステークス】特徴まとめ

マーメイドステークス(Mermaid S.)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝2,000mを舞台に開催している重賞競走。競走名の「マーメイド(Mermaid)」とは、人魚を意味する英語。

マーメイドステークスは、1996年に実施された牝馬競争体系の整備に伴って4歳(現3歳)以上の牝馬による重賞競走として新設された。施行場と施行距離は創設時より一貫して阪神競馬場の芝2,000mとなっている。

創設当初の負担重量は別体とされていたが、2006年にハンデキャップに変更された。

創設時より外国産馬が出走可能であるほか、2002年より地方競馬所属の競走馬、2005年より外国調教馬が出走可能となった。

【2019年 第24回マーメイドステークス】コースの特徴

2019年 第24回マーメイドステークス コース特徴

マーメイドステークスのコースの特徴を見てみよう。マーメイドステークスのコースは、ホームストレッチの半ばからのスタートとなる。

1コーナーまでの距離が約350mで、1コーナーから2コーナーそしてバックストレッチまではほぼ平坦になっており、3コーナー過ぎから4コーナーそして直線の半ばにかけて緩やかな下り坂となっているという特徴がある。直線距離はAコース使用時で356.5m。

ゴール前には2回目の急な上り坂が待ち受けており、最終コーナーから加速し、坂のある直線でも末脚を伸ばし続けられるスタミナと馬力が要求されやすいという特徴がある。

【2019年 第24回マーメイドステークス】過去10レースの優勝馬

続いてはマーメイドステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第14回2009年6月21日2000mコスモプラチナ牝692:00.2
第15回2010年6月20日2000mブライティアパルス牝531:59.5
第16回2011年6月19日2000mフミノイマージン牝522:00.4
第17回2012年6月17日2000mグルウェイグ牝411:59.9
第18回2013年6月9日2000mマルセリーナ牝571:59.4
第19回2014年6月15日2000mディアデラマドレ牝411:59.4
第20回2015年6月14日2000mシャトーブランシュ牝582:00.5
第21回2016年6月12日2000mリラヴァティ牝561:59.3
第22回2017年6月11日2000mマキシマムドパリ牝531:59.5
第23回2018年6月10日2000mアンドリエッテ牝6101:59.1

【2019年 第24回マーメイドステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ