あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第26回マーチステークス】特徴まとめ

マーチステークスは、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場のダート1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞は地方競馬全国協会理事長賞。

競走名の「マーチ(March)」とは、3月を意味する英語。

マーチステークスは、1994年に行われた中央競馬のダート重賞路線整備において、ダート適正馬の目標となる競走を設置することを目的の下で、5歳(現4歳)以上の競走馬による重賞競走として創設された。

2011年のみ阪神競馬場の芝1,800mで施行されたが、基本的には創設以来中山競馬場の芝1,800mで施行されている。

創設当時から外国産馬の出走が可能であるほか、1997年より地方競馬所属の競走馬、2006年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第26回マーチステークス】コースの特徴

2019年 第26回マーチステークス コース特徴

マーチステークスのコースの特徴を見ていこう。マーチステークスのコースは、ホームストレッチの入り口からスタートして、直線の坂を上るというレイアウトになっている。

ゴール板を過ぎた後も2コーナーまで上り坂が続き、そのあと向正面までが下り坂になっている。3コーナーから4コーナーまではほぼ平坦になっていて、最後の直線は308mで、ゴール前には再び上り坂が待ち受ける。

マーチステークスのコースの特徴は、【“スタート直後の加速時”と“ゴール前の苦しい場面”で急な坂を上るタフなコースであること」と「良馬場である場合は、前半から負荷がかかりやすいことから後半でバテやすいため、スタミナと馬力を兼ね備えた競走馬が好走しやすい」ということの2点。。

【2019年 第26回マーチステークス】過去10レースの優勝馬

続いてマーチステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第16回2009年3月29日1800mエスポワールシチー牡411:51.9
第17回2010年3月28日1800mマコトスパルビエロ牡641:51.7
第18回2011年3月10日1800mテスタマッタ牡571:50.0
第19回2012年3月25日1800mサイレントメロディ牡561:51.0
第20回2013年3月24日1800mグランドシチー牡621:52.6
第21回2014年3月30日1800mソロル牡431:51.2
第22回2015年3月29日1800mマイネルクロップ牡561:52.7
第23回2016年3月27日1800mショウナンアポロン牡681:52.7
第24回2017年3月26日1800mインカンテーション牡7101:52.0
第25回2018年3月25日1800mセンチュリオン牡621:52.1

【2019年 第26回マーチステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ