あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第66回毎日杯】特徴まとめ

毎日杯(まいにちはい)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞は毎日新聞社賞。

寄贈賞を提供する毎日新聞社は、東京と名古屋と大阪と北九州に本社を置く新聞社である。

毎日杯は、1954年に4歳(現3歳)の競走馬限定の重賞競走として創設された。毎日杯は優先出走権が得られるトライアル競争ではないものの、春の大レースを目指す3歳馬にとって重要な前哨戦とされている。

毎日杯は、創設から1970まで6月の東京優駿(日本ダービー)直後の施行されていたが、1971年に3月(ただし1972年は4月)に繰り上げられた。施行距離は創設以来芝2,000m(ただし1971年は1,900m)とされていたが、2007年に阪神競馬場に新設された芝1,800m(外回り)に変更された。

また、創設時の負担重量はハンデキャップだったが、翌年から別定に変更された。

1992年より外国産馬、1996年より地方競馬所属の競走馬、2009年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第66回毎日杯】コースの特徴

2019年 第66回毎日杯 コース特徴

毎日杯のコースの特徴を見ていこう。毎日杯は2コーナーの引き込み線からのスタートとなる。

外回りコースに入るまではほぼ平坦になっていて、外回りに入ってから3コースまでが上り坂となっている。4コーナーから緩やかな下り坂となっており、ホームストレッチに向いてから直線半ばまでさらに下ることとなる。直線距離はAコース使用時で473.6m、ゴール前に急な上り坂(高低差1.8m)があることが、この毎日杯のコースの特徴として挙げられる。

毎日杯のコースは、レースの前半に負荷がかかりやすい構造となっていることから、先行馬がスピードに任せて押し切るにはタフなコースという特徴も持っている。道中で脚をため、最後まで末脚を持続できる競争馬が好走しやすくなっている。

【2019年 第66回毎日杯】過去10レースの優勝馬

続いて毎日杯の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第56回2009年3月28日1800mアイアンルック牡311:48.0
第57回2010年3月27日1800mダノンシャンティ牡331:49.3
第58回2011年3月27日1800mレッドデイヴィス騸321:47.1
第59回2012年3月24日1800mヒストリカル牡311:49.6
第60回2013年3月23日1800mキズナ牡311:46.2
第61回2014年3月29日1800mマイネルフロスト牡311:46.7
第62回2015年3月28日1800mミュゼエイリアン牡371:47.2
第63回2016年3月26日1800mスマートオーディン牡311:47.3
第64回2017年3月25日1800mアルアイン牡321:46.5
第65回2018年3月24日1800mブラストワンピース牡311:46.5

【2019年 第66回毎日杯】レース傾向

現在調査中

ページトップへ