あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ】特徴まとめ

アイビスサマーダッシュは、日本中央競馬会(JRA)が新潟競馬場の芝直線1,000mを舞台に開催している重賞競走。正賞は新潟市長賞。競走名の「アイビス(Ibis)」とは、新潟県の県鳥として指定されているトキの英称で、新潟競馬場のスタンドには「アイビススタンド」という名称が付けられている。

アイビスサマーダッシュは、2001年に新潟競馬場のコース改修が実施された際に新設された重賞競走で、中央競馬で唯一直線コースのみで施行される重賞競走である。

創設された2001年から2005年まではスプリンターズステークスのステップレースとして位置づけられていて、2005年まではスプリンターズステークスの出走候補馬となる地方競馬所属の競走馬3頭に出走資格が付与されていたが、2006年より地方競馬所属の競走馬の出走枠は2頭に減った。なお、2005年より国際競走に指定されたことにより、外国調教馬の出走が可能となった。

2006年に施行時期が夏の新潟開催の開幕週に移設され、同時に夏季競馬を盛り上げるという目的で設けられたサマースプリントシリーズに指定された。アイビスサマーダッシュは、2011年まではサマースプリントシリーズの第2戦とされていたが、2012年以降は同第3戦とされている。

アイビスサマーダッシュは、牡牝混合戦とされているが、牡馬に比べて牝馬の勝率が圧倒的に高く、2017年までの全17回もの開催で牝馬の優勝数は11回を数える。

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ】コースの特徴

2019年 第19回アイビスサマーダッシュ コース特徴

アイビスサマーダッシュのコースの特徴を見ていこう。アイビスサマーダッシュのコースは、JRAの中で唯一直線のみで構成されるコースとなっている。

スタートから約240mが緩やかな上り坂となっており、そこから約200mもの緩やかな坂を下り、残りの560mはほぼ平坦という構造になっている。馬群が外ラチ沿いに固まることが多く、外枠からスタートして、先にいいポジションを取れるダッシュ力があれば、レースを有利に運びやすいという特徴がある。

アイビスサマーダッシュのコースは、ダッシュ力そして長い直線においてスピードを持続させる能力が要求されるという特徴がある。

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ】過去10レースの優勝馬

続いてはアイビスサマーダッシュの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第9回2009年7月19日直線1000mカノヤザクラ牝530:56.2
第10回2010年7月18日直線1000mケイティラブ牝680:53.9
第11回2011年7月17日直線1000mエーシンヴァーゴウ牝410:53.8
第12回2012年7月22日直線1000mパドトロワ牡570:54.2
第13回2013年7月28日直線1000mハクサンムーン牡410:54.2
第14回2014年8月3日直線1000mセイコーライコウ牡710:54.3
第15回2015年8月2日直線1000mベルカント牡410:54.1
第16回2016年7月31日直線1000mベルカント牡510:54.1
第17回2017年7月30日直線1000mラインミーティア牡780:54.2
第18回2018年7月29日直線1000mダイメイプリンセス牡510:53.8

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ】レース傾向

現在調査中

ページトップへ