あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第62回阪神牝馬ステークス】特徴まとめ

阪神牝馬ステークス(はんしんひんばステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1,600mを舞台に開催している重賞競走。正賞はサンケイスポーツ賞。なお、「サンケイスポーツ」とは、産業経済新聞社が発行するスポーツ紙のことで、寄贈賞の提供は産業経済新聞社より受けている。

競馬番組表では「サンケイスポーツ杯 阪神牝馬ステークス(サンケイスポーツはい はんしんひんばステークス)」と表記されている。

阪神牝馬ステークスは、1958年に「阪神牝馬特別(はんしんひんばとくべつ)」という名称で、4歳(現3歳)以上の牝馬による重賞競走として創設され、2001年に現行の「阪神牝馬ステークス」に改称された。

創設当時の施行距離は芝1,800mとされていたが、幾度かの変遷を経て、2016年に芝1,600mで定着した。

1994年より外国産馬、1996年に地方競馬所属の競走馬、2006年に外国調教馬も出走可能となった。

【2019年 第62回阪神牝馬ステークス】コースの特徴

2019年 第62回阪神牝馬ステークス コース特徴

阪神牝馬ステークスのコースの特徴を見ていこう。朝日杯フューチュリティステークスのコースは、スタート後に外回りコースに入ってから3コーナー手前までが上り坂となっている。4コーナーから直線に向いてから残り190m付近までが緩やかな下り坂となっている。

直線距離はAコース使用時で473.6mもあり、ゴール前に高低差1.8mの急な上り坂がある。阪神牝馬ステークスのコースは、前半に負荷がかかりやすい構造となっており、道中は脚をためて、直線でスピードを発揮する競走馬が基本的に有利となるが、極端にスローなペースとなると逃げ馬が有利となるという特徴がある。

開催前半で芝の状態が良好な場合は、インを回る能力や先行力がキーとなりやすい。

【2019年 第62回阪神牝馬ステークス】過去10レースの優勝馬

続いて阪神牝馬ステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第52回2009年4月11日1600mジョリーダンス牝8/td>71:21.4
第53回2010年4月10日1600mアイアムカミノマゴ牝491:20.2
第54回2011年4月9日1600mカレンチャン牝411:20.4
第55回2012年4月7日1600mクィーンズバーン牝4111:21.9
第56回2013年4月6日1600mサウンドオブハート牝421:21.4
第57回2014年4月12日1600mスマートレイヤー牝411:20.3
第58回2015年4月11日1600mカフェブリリアント牝541:21.1
第59回2016年4月9日1600mスマートレイヤー牝621:33.1
第60回2017年4月8日1600mミッキークイーン牝511:34.3
第61回2018年4月7日1600mミスパンテール牝441:34.8

【2019年 第62回阪神牝馬ステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ