あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第26回函館スプリントステークス】特徴まとめ

函館スプリントステークスは、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場の芝1,200mを舞台に開催している重賞競走。

函館スプリントステークスは、夏季競馬の短距離重賞の充実を図る目的で、1994年に「札幌スプリントステークス(さっぽろスプリントステークス)」の名称で4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走として創設された。

1997年に札幌開催と函館開催の開催順が入れ替わったことにより、施行場が札幌競馬場から函館競馬場に移され、名称も現名称に変更された。2006年にサマースプリントシリーズの第1戦に指定されて現在に至る。

創設以来外国産馬の出走が可能であるほか、1996年より地方競馬所属の競走馬、2009年より外国調教馬の出走も可能となった。

【2019年 第26回函館スプリントステークス】コースの特徴

2019年 第26回函館スプリントステークス コース特徴

函館スプリントステークスのコースの特徴を見ていこう。函館スプリントステークスのコースのスタート地点は、2コーナー奥にある引き込み線に位置していて、バックストレッチを3コーナーまで真っすぐに向かっていくレイアウトになっている。

バックストレッチ、3コーナー、4コーナーの入り口にかけ、緩やかな上り坂となっており、4コーナーの途中から直線(残り約100m付近)まで緩やかな下り坂になっていて、ラストの100mは平坦になっている。直線の距離はAコース使用時は262.1m

函館スプリントステークスのコースは、レース前半が厳しいことから、後半で上がりのかかるタフなコースという特徴がある。スプリント能力はもちろんのこと、洋芝のタフな馬場を走り抜くパワーも要求される。

【2019年 第26回函館スプリントステークス】過去10レースの優勝馬

続いては函館スプリントステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

(※第16回は札幌競馬場の芝1,200mでの開催)

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第16回2009年7月5日1200mグランプリエンゼル牝311:08.5
第17回2010年7月4日1200mワンカラット牝421:08.2
第18回2011年7月3日1200mカレンチャン牝411:08.0
第19回2012年6月17日1200mドリームバレンチノ牡521:09.4
第20回2013年6月16日1200mパドトロワ牡661:08.5
第21回2014年6月22日1200mガルボ牡781:08.5
第22回2015年6月21日1200mティーハーフ牡541:08.3
第23回2016年6月19日1200mソルヴェイグ牝3121:07.8
第24回2017年6月18日1200mジューヌエコール牝331:06.8
第25回2018年6月17日1200mセイウンコウセイ牡531:07.6

【2019年 第26回函館スプリントステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ