あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第55回函館記念】特徴まとめ

函館記念(はこだてきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場の芝2,000mを舞台に開催している重賞競走。正賞は農林水産大臣賞と函館市長賞で、競馬番組表では「農林水産省賞典 函館記念(のうりんすいさんしょうしょうてん はこだてきねん)」と表記されている。

函館記念は、1965年に創設された4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走で、函館競馬場で施行されている重賞競走の中では、最も長い歴史を誇る。

創設された1965年から1967年までは芝2,400mで施行されていたが、1968年に芝2,000mに短縮されて現在に至っている。2006年に夏季競馬を盛り上げるためにサマー2000シリーズが創設され、函館記念は第2戦に指定されている。

1978年より外国産馬、1996年と1998年より地方競馬所属の競走馬、2009年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第55回函館記念】コースの特徴

2019年 第55回函館記念 コース特徴

函館記念のコースの特徴を見ていこう。函館記念のコースは、4コーナー奥のポケット(引き込み線)からのスタートで、スタート地点から1コーナーまでの距離は約450mとなっている。

決勝戦を過ぎてから1コーナーにかけて高低差約1.7mの下り坂があり、その後1コーナーから2コーナーにかけて高低差約0.6mの下り坂がある。2コーナーの半ばからバックストレッチ、3コーナー、4コーナーと緩やかな坂を上がっていき、4コーナーからゴール前までが緩やかに下っていくと、最後の100mは平たんになっている。最後の直線はBコース使用時で262.1mもある。

函館記念のコースは、レース前半の下り坂でペースが速くなることが多く、上がりがかかる展開になりやすいうえに最後は磁力勝負となるという特徴がある。さらに洋芝のタフな馬場を走りぬく馬力やパワーが重要となってくる。

【2019年 第55回函館記念】過去10レースの優勝馬

続いては函館記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第45回2009年7月26日2000mサクラオリオン牡742:00.6
第46回2010年7月25日2000mマイネルスターリー牡521:58.5
第47回2011年7月24日2000mキングトップガン牡542:00.3
第48回2012年7月15日2000mトランスワープセ742:00.4
第49回2013年7月14日2000mトウケイヘイロー牡431:58.6
第50回2014年7月20日2000mラブイズブーシェ牡522:00.1
第51回2015年7月19日2000mダービーフィズ牡531:59.1
第52回2016年7月17日2000mマイネルミラノ牡631:59.0
第53回2017年7月16日2000mルミナスウォリアー牡652:01.2
第54回2018年7月15日2000mエアアンセム牡751:59.8

【2019年 第55回函館記念】レース傾向

現在調査中

ページトップへ