あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第33回フラワーカップ】特徴まとめ

フラワーカップは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1,800mを舞台に開催している重賞競走。競走名の「フラワー(Flower)」とは、花を意味する英語。

フラワーカップは、1987年に4歳(現3歳)の牝馬による重賞競走として創設された。施行場・距離は創設時以来、中山競馬場の芝1,800mで定着している。

創設当時の負担重量は馬齢だったが、2001年の開催から別定に変更された。

1995年より外国産馬、1996年より地方競馬所属の競走馬、2009年より外国調教馬の出走が可能となった。

【2019年 第33回フラワーカップ】コースの特徴

2019年 第33回フラワーカップ コース特徴

フラワーカップのコースの特徴を見てみよう。フラワーカップのコースは、ホームストレッチの上り坂からのスタートとなる。スタート地点から1コーナーまでの距離は約200mと短く、そのうえ決勝線から1コーナーの途中までが上り坂という特徴がある。

1コーナーを過ぎてから向正面半ばまでが緩やかな下り坂になっていて、3~4コーナーにかけてはほぼ平坦になっていて、最後の直線は310mもある。直線の半ばには急な上り坂(高低差2.2m)がある。

2014年の路盤改修後は、従来よりも上りが出やすくなったように思えるものの、前半から負担がかかることから、JRAの芝1,800mの中ではタフなコースという特徴がある。

フラワーカップのコースは、ダート中距離のようなパワーが要求されやすく、パワー型の先行馬が走りやすいという特徴がある。

【2019年 第33回フラワーカップ】過去10レースの優勝馬

続いてフラワーカップの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第23回2009年3月21日1800mヴィーヴァヴォドカ牝3111:49.3
第24回2010年3月20日1800mオウケンサクラ牝331:50.3
第25回2011年3月26日1800mトレンドハンター牝351:47.0
第26回2012年3月17日1800mオメガハートランド牝361:53.3
第27回2013年3月16日1800mサクラプレジール牝321:50.0
第28回2014年3月21日1800mバウンスシャッセ牝331:51.3
第29回2015年3月21日1800mアルビアーノ牝311:49.4
第30回2016年3月21日1800mエンジェルフェイス牝311:49.3
第31回2017年3月20日1800mファンディーナ牝311:48.7
第32回2018年3月17日1800mカンタービレ牝321:49.2

【2019年 第33回フラワーカップ】レース傾向

現在調査中

ページトップへ