あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第54回フローラステークス】特徴まとめ

フローラステークス(Flora S.)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2,000mを舞台に開催している重賞競走。正賞はサンケイスポーツ。寄贈賞の提供は産業経済新聞社が行っており、「サンケイスポーツ」は同社が発行するスポーツ紙である。

競馬番組表では、「サンケイスポーツ賞 フローラステークス(オークストライアル)」と表記されている。競走名の「フローラ(Flora)」とは、ローマ神話に登場する花と春と豊穣を司る女神の名前、または特定の地域や時代に生息する各種植物の全種類の意。

フローラステークスは、1966年に「サンケイスポーツ賞 4歳牝馬特別(オークストライアル)」の名称で、4歳(現3歳)の牝馬限定の重賞競走として創設された。その後2001年に現行の「フローラステークス」に改称された。

創設当時から芝1,800mで施行されていたが、1987年にトライアルレースとしての位置づけを明確にするべく2,000mに延長された。これにより、中・長距離の適性が問われることとなり、優駿牝馬(オークス)との関連性がより一層深まった。

1995年より地方競馬所属の競走馬、2003年より外国産馬、2010年より外国調教馬も出走可能となった。

【2019年 第54回フローラステークス】コースの特徴

2019年 第54回フローラステークス コース特徴

フローラステークスのコースの特徴を見てみよう。フローラステークスのコースは、1コーナー奥に位置するスタートから2コーナーに向かっていくレイアウトになっている。

フローラステークスのコースの特徴として、2コーナーまでの距離が短いことから、外目を通らされると距離のロスが大きいということが挙げられる。向正面半ばには上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下り坂となっている。直線距離は525.9m。

直線に向いてからすぐに約160mの上り坂があり、その後約300mはほぼ平坦になっている。フローラステークスのコースは、坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコースという特徴がある。

レース前半を器用に立ち回ることができるうえに、直線においてより速い末脚を発揮する能力、そしてタフなコースを押し切れるだけの体力を持つ競走馬が好走しやすくなっている。

【2019年 第54回フローラステークス】過去10レースの優勝馬

続いてフローラステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第44回2009年4月26日2000mディアジーナ牝3/td>22:02.2
第45回2010年4月25日2000mサンテミリオン牝312:00.2
第46回2011年4月23日2000mバウンシーチューン牝392:03.3
第47回2012年4月22日2000mミッドサマーフェア牝312:02.0
第48回2013年4月21日2000mデニムアンドルビー牝312:03.9
第49回2014年4月27日2000mサングレアル牝342:00.0
第50回2015年4月26日2000mシングウィズジョイ牝322:01.8
第51回2016年4月24日2000mチェッキーノ牝331:59.7
第52回2017年4月23日2000mモズカッチャン牝3122:01.3
第53回2018年4月22日2000mサトノワルキューレ牝311:59.5

【2019年 第54回フローラステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ