あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第24回ファンタジーステークス】特徴まとめ

ファンタジーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝1,400mを舞台に開催している重賞競走。正賞はKBS京都賞で、「KBS京都」とは京都市に本社を置く京都放送の呼称である。同社から寄贈賞の提供を受けている。これにより、競馬番組表では「KBS京都賞 ファンタジーステークス」(ケイビーエスきょうとしょう ファンタジーステークス)と表記されている。

ファンタジーステークスは、1996年に実施された牝馬競走体系の整備に伴い、3歳(現2歳)牝馬限定の重賞競走として新設された。創設以来、京都競馬場の芝1,400m(外回り)で開催され、阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)の関西地区における前哨戦として定着している。

2011年までは阪神3歳牝馬ステークス(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)の前哨戦としては唯一の牝馬限定戦とされていたが、2012年に関東地区の同競走の前哨戦としてアルテミスステークスが新設されたことにより、ファンタジーステークスの開催時期が1週繰り下げられた。

創設時より外国産馬と地方競馬所属の競走馬が出走となり、2010年からはこれに加えて外国調教馬も出走可能となった。

【2019年 第24回ファンタジーステークス】コースの特徴

2019年 第24回ファンタジーステークス コース特徴

ファンタジーステークスのコースの特徴を見てみよう。ファンタジーステークスのコースは、スタート地点から3コーナーまで十分な距離があり、向上面に上り坂があることから、前半のペースはゆったりと流れやすいという特徴がある。

ファンタジーステークスのコースの特徴として、前半が楽である分、3コーナー進入後の急な下り坂からペースアップして、平坦な直線にかけて長く脚を使うことが要求される。

京都競馬場の芝は、内回りコースと外回りコースがあり、移動柵もA~Dコースまでとれることから、終始インコースの良い状態が続く。スプリントレースにも対応できるくらいのスピードの持続力が要求されやすくなっている。

【2019年 第24回ファンタジーステークス】過去10レースの優勝馬

続いてはファンタジーステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第14回2009年11月8日1400mタガノエリザベート牝281:21.2
第15回2010年11月6日1400mマルモセーラ牝241:22.3
第16回2011年11月5日1400mアイムユアーズ牝281:21.3
第17回2012年11月10日1400mサウンドリアーナ牝221:20.8
第18回2013年11月9日1400mベルカント牝241:21.1
第19回2014年11月8日1400mクールホタルビ牝2141:21.7
第20回2015年11月7日1400mキャンディバローズ牝251:21.9
第21回2016年11月5日1400mミスエルテ牝211:21.8
第22回2017年11月3日1400mベルーガ牝251:22.9
第13回2008年11月3日1400mダノンファンタジー牝211:21.8

【2019年 第24回ファンタジーステークス】レース傾向

ファンタジーステークスのレース傾向を紐解いていこう。ファンタジーステークスでは、2016年の開催において1番人気馬のミスエルテが優勝した。ミスエルテは次走に阪神ジュベナイルフィリーズではなく朝日杯フューチュリティステークスを選んだことでも話題を呼んでいる。その一方で2着に12番人気馬ショーウェイが入り、馬連の配当が102.4倍と高配当になった。2014年は14番人気馬クールホタルビが優勝し、2008年以降9年連続で6番人気以下脳競走馬が3着以内に入っていて、下位人気馬の好走が目立つ傾向にある。

2017年に発表されたデータを見てみると、過去10年の単勝人気別で見た場合、「1番人気」の競走馬が優勝したのは2016年のミスエルテのみだった。その一方で好成績を残しているのが「4~5番人気」の競走馬であるため、やはりファンタジーステークスでは買い人気馬が好走する傾向である模様。

また、前走のレース別成績もポイントで、過去10年のうちファンタジーステークスにて好成績を残していたのは前走が「デイリー杯2歳ステークス」の競走馬だった。該当する競走馬5頭のうち実に4頭が連帯している。そのほかでそれに対しオープン特別から臨んだ競走馬の成績は今ひとつで、「りんどう賞」組がそこそこの結果を残しているが、「その他の500万下」組から臨んだ競走馬は3着以内に入ったことがない。

ページトップへ