あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第51回ダービー卿チャレンジトロフィー】特徴まとめ

ダービー卿チャレンジトロフィー(ダービーきょうチャレンジトロフィー)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1,600mを舞台に開催している重賞競走。正賞はダービー卿チャレンジトロフィー。

ダービー卿チャレンジトロフィーは、1969年にイギリスよりレスター・ピゴット騎手(当時)を含む3名の騎手を承知して東京競馬場と京都競馬場で「英国騎手承知競走」が4競走施行された際に、その一つに第18代ダービー卿エドワード・ジョン・スタンリー伯爵よりトロフィーの寄贈を受けたことを記念して創設された。なお、この時のみ回次が降られず、「第2回英国騎手招致」の副称が付けられた。

創設当時は11月の東京競馬場の芝1,800mで施行されていたが、1981年に施行場が中山競馬場、1984年に施行距離が芝1,600mに変更された。1990年に施行時期が春の中山開催(3月~4月)に繰り上げられた。この時に芝1,200mに短縮されたが、1996年に再び芝1,600mになった。

創設当時の負担重量は別定となっていたが、2002年にハンデキャップに変更された。

1995年のみ地方競馬所属の競走馬が出走可能となっていた。外国産馬は1971年から1983年までと1990年以降、外国調教馬は2006年より出走が可能となった。

【2019年 第51回ダービー卿チャレンジトロフィー】コースの特徴

2019年 第51回ダービー卿チャレンジトロフィー コース特徴

ダービー卿チャレンジトロフィーのコースの特徴を見ていこう。ダービー卿チャレンジトロフィーのコースは1コーナー奥からスタートし、外回りの2コースに向かっていくレイアウトになっている。2コーナーまでの距離が短く、先行争いが激しくなるという特徴がある。

外回りに入ってからは、4コーナーまで終始下り坂となっており、ペースが落ちづらいくなっている。直線距離は310mで、直線の半ばには急勾配の上り坂がある。ダービー卿チャレンジトロフィーのコースは、JRAの芝1,600mのコースの中では、中京競馬場と共にコーナーが3回(新潟競馬場・東京競馬場・京都競馬場・阪神競馬場は2回)で、直線も短いという独特な特徴も持っている。

路盤改修によって従来より速い上がりが出るようになったものの、コース形態上は上がりがかかりやすい構造。外から一瞬の脚でさせる競走馬が好走しやすくなっている。

【2019年 第51回ダービー卿チャレンジトロフィー】過去10レースの優勝馬

続いてダービー卿チャレンジトロフィーの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第41回2009年4月5日1600mタケミカヅチ牡411:33.7
第42回2010年4月4日1600mショウワモダン牡671:34.3
第43回2011年4月3日1600mブリッツェン牡581:33.3
第44回2012年4月1日1600mガルボ牡531:33.5
第45回2013年3月31日1600mトウケイヘイロー牡451:32.6
第46回2014年4月6日1600mカレンブラックヒル牡541:34.6
第47回2015年4月5日1600mモーリス牡411:32.2
第48回2016年4月3日1600mマジックタイム牝551:32.8
第49回2017年4月1日1600mロジチャリス牡551:34.7
第50回2018年3月31日1600mヒーズインラブ牡541:32.2

【2019年 第51回ダービー卿チャレンジトロフィー】レース傾向

現在調査中

ページトップへ