あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第28回アーリントンカップ】特徴まとめ

アーリントンカップ(Arlington Cup)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1,600mを舞台に開催している重賞競走。正賞はアーリントンパーク競馬場賞。

アーリントンカップは、1987年創設されて、1991年に廃止された3歳馬による別定重賞戦「ペガサスステークス」を前身としている。1992年に阪神競馬場とアーリントン国際競馬場(現・アーリントンパーク競馬場)が提携を結んだことに伴い、競走名が現行の「アーリントンカップ」に改称され、アーリントンパーク競馬場より賞の寄贈が行われることとなった。また、提携先のアーリントンパーク競馬場では、交換競走として「Hanshin Cup Stakes(阪神カップステークス)」が施行されている。

2018年にNHKマイルカップのトライアル競争に指定され、3着以内に入った競走馬にNHKマイルカップの優先出走権が付与されることとなった。

【2019年 第28回アーリントンカップ】コースの特徴

2019年 第28回アーリントンカップ コース特徴

アーリントンカップのコースの特徴を見ていこう。アーリントンカップのコースは、スタート後に外回りコースに入ってから3コーナー手前までが上り坂となっている。4コーナーから直線に向いてから残り190m付近までが緩やかな下り坂となっている。

直線距離はAコース使用時で473.6mもあり、ゴール前に高低差1.8mの急な上り坂がある。アーリントンカップのコースは、前半に負荷がかかりやすい構造となっており、道中は脚をためて、直線でスピードを発揮する競走馬が基本的に有利となるが、極端にスローなペースとなると逃げ馬が有利となるという特徴がある。

開催前半で芝の状態が良好な場合は、インを回る能力や先行力がキーとなりやすい。

【2019年 第28回アーリントンカップ】過去10レースの優勝馬

続いてアーリントンカップの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第18回2009年2月28日1600mダブルウェッジ牡3/td>61:35.6
第19回2010年2月27日1600mコスモセンサー牡351:34.8
第20回2011年2月26日1600mノーザンリバー牡341:34.2
第21回2012年2月25日1600mジャスタウェイ牡321:36.3
第22回2013年2月23日1600mコパノリチャード牡311:34.8
第23回2014年3月1日1600mミッキーアイル牡311:34.0
第24回2015年2月28日1600mヤングマンパワー牡391:35.9
第25回2016年2月27日1600mレインボーライン牡341:34.1
第26回2017年2月25日1600mペルシアンナイト牡311:34.1
第27回2018年4月14日1600mタワーオブロンドン牡311:33.4

【2019年 第28回アーリントンカップ】レース傾向

現在調査中

ページトップへ