あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第24回アンタレスステークス】特徴まとめ

アンタレスステークス(Antares S.)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場のダート1,800mを舞台に開催している重賞競走。正賞は地方競馬全国協会理事長賞。

競走名の「アンタレス(Antares)」は、さそり座のα星で、ギリシャ語では「火星に対する者」という意味。

アンタレスステークスは、1996年に中央競馬と地方競馬の相互交流が拡大されたことに伴うダート重賞競走整備の一環として、4歳以上の競走馬による重賞競走として創設された。創設当時は阪神競馬場のダート1,800mで施行されていたが、1997年から2004年までは京都競馬場で開催され、2012年に施行場が再び阪神競馬場に移された。

創設当時から外国産馬が出走可能とされていて、1997年より地方競馬所属の競走馬、2005年より外国調教馬も出走可能となった。

【2019年 第24回アンタレスステークス】コースの特徴

2019年 第24回アンタレスステークス コース特徴

アンタレスステークスのコースの特徴を見てみよう。アンタレスステークスのコースは、ホームストレッチの半ばをスタート地点としており、1コーナーまでは約300mとJRAのダート1,800mのコース(他には新潟・中山・中京・阪神)の中では最も短い距離となっている。

ただし、コーナーは回りやすくなっており、それに加えレース前半はほぼ平坦であることから、多少を無理をしてでもこの前半で良いポジションを取っておいた方がアドバンテージとなりやすいという特徴がある。3コーナーの途中には急な下り坂があり、最後の直線はほとんど平坦となっている。

アンタレスステークスのコースの特徴として、コーナーも曲がりやすいことから、ダート1,800mのコースとしては後半が加速しやすい構造となっており、脚抜きの良い馬場状態であるときは、芝のコースの時のような上がり時計が出ることもある。4コーナーで上位に入り込み、そのままゴールまで末脚を持続できるだけの持久力がアンタレスステークスを制すカギとなる。

【2019年 第24回アンタレスステークス】過去10レースの優勝馬

続いてアンタレスステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第14回2009年4月26日1800mウォータクティクス牡4/td>21:47.8
第15回2010年4月25日1800mダイシンオレンジ牡541:49.7
第16回2011年4月24日1800mゴルトブリッツ牡431:48.1
第17回2012年4月14日1800mゴルトブリッツ牡511:49.9
第18回2013年4月13日1800mホッコータルマエ牡411:49.7
第19回2014年4月19日1800mナムラビクター牡521:51.5
第20回2015年4月18日1800mクリノスターオー牡561:49.6
第21回2016年4月16日1800mアウォーディー牡611:49.9
第22回2017年4月15日1800mモルトベーネ牡531:49.9
第23回2018年4月15日1800mグレイトパール牡511:49.8

【2019年 第24回アンタレスステークス】レース傾向

現在調査中

ページトップへ