あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2018年 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス】特徴まとめ

東京スポーツ杯2歳ステークス(とうきょうスポーツはいにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1,800mで開催している中央競馬の重賞競走。正賞は、東京スポーツ杯。

寄贈賞を提供している東京スポーツは、東京都江東区に本社を置いている新聞社である。

東京スポーツ杯2歳ステークスは、1966年に3歳(現2歳)馬によるオープン特別「東京3歳ステークス(とうきょうさんさいステークス)」として創設された。その後1968年に「府中3歳ステークス(ふちゅうさんさいステークス)」に改称され、3歳オープンの特別競走として長らく開催されていた。

1996年に3歳重賞競走整備の一環としてJRA独自グレードのGIIIに格上げされ、朝日杯フューチュリティステークス(当時は朝日杯3歳ステークス)の前哨戦として位置づけられた。同時に指定交流競走にも指定され、地方競馬所属の競走馬が2頭まで出走可能となった。

1997年に「東京スポーツ杯3歳ステークス(とうきょうスポーツはいさんさいステークス)」に改称され、2001年に馬齢表記を国際基準へ変更したことに伴い、現行の名称に変更された。なお、創設時の距離設定は芝1,400mとなっていたが、1984年より現行の芝1,800mに変更された。

格付表記は2007年に日本がパートⅠ国へ昇格されたことを受けて「JpnⅢ」に変更され、2010年に国際競走に指定されたことに伴い、国際格付の「GIII」に改められた。

【2018年 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス】コースの特徴

2018年 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス コース特徴

東京スポーツ杯2歳ステークスのコースの特徴を見てみよう。東京スポーツ杯2歳ステークスのコースは2コースに向かって斜めにスタートするというレイアウトになっている。2コースまでの距離が短いことから、外目を通らされると不利になるという特徴がある。

東京スポーツ杯2歳ステークスのコースの特徴として、向上面半ばに上り坂があり、そこから3コースにかけて下り坂がある。距離525.9mの直線に向いてすぐに約160mの上り坂(高低差2m)がある、その後の300mはほぼ平坦となっている。

前半はゆったりと流れることから、上がり勝負となりやすい。最初の2コースでうまく流れに乗れる器用さがあり、直線に末脚を温存できるタイプが好走しやすくなっている。芝1,800mはJRAのGIレースが行われない距離であり、独特の適性が要求されることから、器用に立ち回れる“1,800m巧者”が実績馬を任す傾向にある。

【2018年 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス】過去10年の優勝馬

続いては福島記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第13回2008年11月22日1800mナカヤマフェスタ牡291:47.7
第14回2009年11月21日1800mローズキングダム牡211:48.2
第15回2010年11月20日1800mサダムパテック牡211:47.3
第16回2011年11月19日1800mディープブリランテ牡211:52.7
第17回2012年11月17日1800mコディーノ牡211:46.0
第18回2013年11月16日1800mイスラボニータ牡221:45.9
第19回2014年11月24日1800mサトノクラウン牡241:47.9
第20回2015年11月23日1800mスマートオーディン牡241:49.5
第21回2016年11月19日1800mブレスジャーニー牡221:48.3
第22回2017年11月18日1800mワグネリアン牡211:46.6

【2018年 第23回 東京スポーツ杯2歳ステークス】レース傾向

東京スポーツ杯2歳ステークスのレース傾向を紐解いていこう。東京スポーツ杯2歳ステークスでは、2009年から2014年の優勝馬6頭が、いずれも翌年の皐月賞または日本ダービーにて3着以内に入るなど好走している。さらに、2016年の2着馬スワーヴリチャードも、翌年の日本ダービーにて2着に入っていた。年末のビッグレースや翌春の3歳クラシック戦線を展望する上でも見逃せない一戦となっている。

2017年に発表されたデータを見てみると、前走の優勝馬が好走する傾向にあり、過去10年の3着以内馬30頭のうち25頭が前走の優勝馬だった。事実、1着に9頭、2着に8頭、3着に8頭も入っている。その一方で、「5着以下」の競走馬が3着以内に入った例がない。

また、東京スポーツ杯2歳ステークスでは差し馬が優勢と言う傾向にもあり、過去10年における前走の4コーナーの通過順別に見てみると、3着以内に30頭も入っていた。逆に逃げ馬は例外なくすべて4着以下に敗れていた。

ページトップへ