あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2018年 第52回 ステイヤーズステークス】特徴まとめ

ステイヤーズステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝3,600mで開催している中央競馬の重賞競走。競馬番組表では「スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス」と表記されている。

競走名の「ステイヤー(Stayer)」は、英語で「耐える者」を意味している。正賞は、スポーツニッポン新聞社賞。

ステイヤーズステークスは、1967年に創設された重賞競走であり、中山競馬場の芝内回りコースを2周する、現存する日本国内の平地競走としては最長距離である芝3,600mで開催されている。そのため、優勝馬のタイムも3分40秒~4分程度になり、日本競馬の競走では優勝タイムが長くかかる競走の一つとなっている。

1984年にグレード制が導入されたことを受けてGIII(当時はJRA独自のグレード)に格付けされた。また、創設当初は初秋の中山開催(1968年は5月開催)とされていたが、1972年以降は現行の12月の中山開催に変更となった。

1997年にGIIに格上げされ、同時に負担重量もハンデキャップから別定に改められた。これにより、ステイヤーズステークスは有馬記念を目指す競走馬にとって重要な前哨戦のひとつとなった。

外国産馬は1993年、地方競馬所属の競走馬は1997年から出走可能となり、2005年に国際競走に指定されたことを受けて外国調教馬も出走可能となった。

【2018年 第52回 ステイヤーズステークス】コースの特徴

2018年 第52回 ステイヤーズステークス コース特徴

ステイヤーズステークスのコースの特徴を見てみよう。ステイヤーズステークスのコースは、現在JRAで開催されている平地のレースの中で最も距離が長いというのが最大の特徴だ。ホームストレッチの4コーナー寄りからスタートし、内回りを2周するというレイアウトになっている。

決勝線から1コーナーにかけて高低差2.6mの上り坂があり、1コーナーから向正面半ばにかけて高低差4.4mの下り坂がある。そこから3コーナーや4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いており、直線距離は310mで、スタート直後と合わせて3回も直線の高低差2.2m、最大勾配2.24%の坂を上ることになるというのも特徴の一つである。

スタミナはもちろんのこと、8回のコーナーをこなす器用さと折り合いがキーとなる非常に特殊なコースとなっている。

【2018年 第52回 ステイヤーズステークス】過去10年の優勝馬

続いてはステイヤーズステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第42回2008年12月6日3600mエアジパング騸563:48.1
第43回2009年12月5日3600mフォゲッタブル牡313:51.3
第44回2010年12月4日3600mコスモヘレノス牡353:43.4
第45回2011年12月3日3600mマイネルキッツ牡843:50.8
第46回2012年12月1日3600mトウカイトリック牡1083:46.5
第47回2013年11月30日3600mデスペラード牡513:45.2
第48回2014年12月6日3600mデスペラード牝633:47.8
第49回2015年12月5日3600mアルバート牡413:45.9
第50回2016年12月3日3600mアルバート牡513:47.4
第51回2017年12月2日3600mアルバート牡613:43.0

【2018年 第52回 ステイヤーズステークス】レース傾向

ステイヤーズステークスのレース傾向を紐解いていこう。ステイヤーズステークスはJRAの平地競走において馬場を丸2周する唯一の競走で、コーナーを8回通過する特殊な一戦は、各騎手の駆け引きも見所のひとつとなっている。

2017年に発表されたデータを見てみると、過去10年の優勝馬のうち8頭は、単勝オッズが15倍未満で、そのうち「3.0~3.9倍」の競走馬が3着内率100%をマークしていた。勝率40%、連対率60%をマークしていることからも単勝オッズ3.0~3.9倍の競走馬が好走する傾向にあることが分かる。

また、馬番別成績に特徴があり、過去10年の優勝馬のうち9頭は「9番より内」、2着馬のうち9頭は「7番より外」、3着馬のうち8頭は「8番より内」となっている。

ページトップへ