あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2018年 第53回 北九州記念】特徴まとめ

北九州記念(きたきゅうしゅうきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場で開催している中央競馬の重賞競走。テレビ西日本が寄贈賞を提供していることから、正式名称は「テレビ西日本賞 北九州記念」(てれびにしにほんしょう きたきゅうしゅうきねん)。小倉競馬場の芝1,200mを舞台に開催されている。

1966年に4歳(現3歳)以上・ハンデキャップの重賞として創設。当初は小倉競馬場の芝2,000mで開催されていたが、1969年の開催で芝1,800mに変更された。なお、北九州記念の負担重量は1972年に別定重量、1995年にハンデキャップ、2000年に別定重量と変更されたのち、2006年に再びハンデキャップとなった。

2006年よりJRAが夏季競馬を盛り上げるために設け「サマースプリントシリーズ」の第4戦に組み込まれた。これに伴い、北九州記念は芝1,200mへと短縮され、スプリンターズステークスに向けた前哨戦の一つとして位置づけられることとなった。

また、北九州記念がサマースプリントシリーズに組み込まれて以降、2014年の優勝馬リトルゲルダと2015年の優勝馬ベルカントがシリーズのチャンピオンとなった。

外国産馬の出走は1995年から、地方競馬所属馬の出走は1998年より可能となった。

【2018年 第53回 北九州記念】コースの特徴

2018年 第53回 北九州記念 コース特徴

北九州記念のコースの特徴を見ていこう。北九州記念のコースは2コーナーのポケットからのスタートで、スタート直後には緩やかな下り坂があり、3コーナーまでの距離も約450mもあり長いという特徴がある。3コーナーまでの距離も約450mもあり長い。これに加え、北九州記念のコースの特徴として、“スパイラルカーブ”によってスピードが落ちづらいことから、JRAの芝1,200mのなかでは最も前半が速く流れる構造となっていることも特徴として挙げられる。

北九州記念のコースにおいて、3コーナーから4コーナーにかけては、緩やかな下り坂があり、直線は平坦という特徴も持っている。

北九州記念のコースは、前半に無理せざるを得ないことから、上がりはかかることが多い。そこで馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められる。

しかし、インコースが良好な馬場となるために、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなる。

【2018年 第53回 北九州記念】過去10年の優勝馬

続いては北九州記念の過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第43回2008年8月17日1200mスリープレスナイト/td>牝411:07.5
第44回2009年8月16日1200mサンダルフォン牡681:07.5
第45回2010年8月15日1200mメリッサ牝651:07.1
第46回2011年8月14日1200mトウカイミステリー牝581:06.9
第47回2012年8月19日1200mスギノエンデバー牡481:06.7
第48回2013年8月18日1200mツルマルレオン牡531:42.0
第49回2014年8月24日1200mリトルゲルダ牝531:41.9
第50回2015年8月23日1200mベルカント牝421:43.0
第51回2016年8月21日1200mバクシンテイオー牡771:43.5
第52回2017年8月20日1200mダイアナヘイロー牝441:40.9

【2018年 第53回 北九州記念】レース傾向

北九州記念のレース傾向を紐解いていこう。2007年から数えて10年の開催で単勝8番人気馬が5勝を挙げているのを含め、単勝6番人気以下の馬が10頭連対を果たしており、北九州記念は波乱含みのレースという傾向にある。

また2007年からの10年間の開催で、前々走と前走の着順別成績をまとめると、「前々走、前走ともに1着」という競走馬が3着内率が66.7%、「前々走が1着かつ前走が2着以下」という競走馬が34.5%をマークしていた。

また、北九州記念は前走で上位人気だった競走馬が優勢となる傾向にあり、前走で1番人気馬だった競走馬が連対立と3着内率でトップとなっている。上位人気馬を引き続き高く評価することは間違いないが、それに次ぐ前走7番人気馬にも注目しておきたい。

ページトップへ