あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2018年 第38回 小倉2歳ステークス】特徴まとめ

小倉2歳ステークス(こくらにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の芝1,200mを舞台に開催している中央競馬の重賞競走。

小倉2歳ステークスは、1981年に3歳(現2歳)の馬齢重量で争われる重賞競走として創設された。当時のレース名は「小倉3歳ステークス」。1984年にグレード制が施行され、これに伴いGIIIに格付されることとなった。2001年に馬齢表示の国際基準へ変更され、これに伴いレース名が現在の「小倉2歳ステークス」に変更された。また、2010年には格付表記が国際格付きのGIIIに変更されている。

1995年に混合競走に指定された。これによりこの年より外国産馬が出走可能となった。また、1996年より地方競馬所属馬、2010年には国際競争に指定されたことから外国調教馬(9頭まで)も出走可能となった。また、2012年からは中京2歳ステークスの2着以内に入った地方馬、2013年からは未勝利馬・未出走馬も出走可能となっている。

また、小倉2歳ステークスは小倉競馬場の2歳チャンピオン決定戦に位置付けられており、同時に夏の小倉開催の最終週を飾る競走でもある。

【2018年 第38回 小倉2歳ステークス】コースの特徴

2018年 第38回 小倉2歳ステークス コース特徴

小倉2歳ステークスのコースの特徴を見ていこう。小倉2歳ステークスのコースは2コーナーのポケットからのスタートで、スタート直後には緩やかな下り坂があり、3コーナーまでの距離も約450mもあり長いという特徴がある。これに加え、小倉2歳ステークスのコースの特徴として、“スパイラルカーブ”によってスピードが落ちづらいことから、JRAの芝1,200mのなかでは最も前半が速く流れる構造となっていることも特徴として挙げられる。

小倉2歳ステークスのコースにおいて、3コーナーから4コーナーにかけては、緩やかな下り坂があり、直線は平坦という特徴も持っている。

小倉2歳ステークスのコースは、前半に無理せざるを得ないことから、上がりはかかることが多い。そこで馬場が重くなると、マイル寄りの適性が求められる。

しかし、インコースが良好な馬場となるために、軽快なダッシュ力が重要なポイントとなる。

【2018年 第38回 小倉2歳ステークス】過去10年の優勝馬

続いては小倉2歳ステークスの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第28回2008年9月7日1200mデグラーティア牝231:09.1
第29回2009年9月6日1200mジュエルオブナイル牝221:09.0
第30回2010年9月5日1200mブラウンワイルド牡211:08.7
第31回2011年9月4日1200mエピセアローム牝221:08.8
第32回2012年9月2日1200mマイネルエテルネル牡221:07.9
第33回2013年9月1日1200mホウライアキコ牝221:08.8
第34回2014年9月7日1200mオーミアリス牝2151:08.4
第35回2015年9月6日1200mシュウジ牡211:08.9
第36回2016年9月4日1200mレーヌミノル牝211:08.0
第37回2017年9月3日1200mアサクサゲンキ牡231:09.1

【2018年 第38回 小倉2歳ステークス】レース傾向

小倉2歳ステークスのレース傾向を紐解いていこう。小倉2歳ステークスでは2000年の開催から2016年までの連対馬34頭のうち、約3分の1以上の12頭に、小倉2歳ステークス以降翌年までの間にJRAのGIレースまたはGIIレースを制すという傾向にあった。事実、2016年の開催で重賞初制覇を果たしたレーヌミノルも、翌2017年の桜花賞を制し“クラシックホース”となっている。

小倉2歳ステークスでは過去10年の開催において、2008年・2009年・2011年・2017年を除き2~4枠の競走馬が優勝または3着内に入ってくるなど好走する傾向にある。この傾向から言って、小倉2歳ステークスでは、内寄りの枠に入る競走馬に注目するのが得策と言える。

先述のとおり、小倉2歳ステークスのコースは2コーナー奥のポケットからスタートし、向正面の直線でスピードに乗っていることから、先行争いが激しくなる傾向がある。

ページトップへ