あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2018年 第18回 JBCクラシック】特徴まとめ

JBCクラシック(ジェイビーシークラシック)は、日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走。農林水産省から寄贈賞の提供を受けており、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCクラシック」。

副賞は、農林水産大臣賞、JBC協会会長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞(2018年)。

JBCクラシックは、2001年にアメリカのブリーダーズカップに範をとりながら、将来的にダートの各カテゴリー(年齢・性別・距離など)におけチャンピオン決定戦にするべく、生産者が主導して実施する「JBC競走」のひとつとしてJBCスプリントと共に創設。

後に創設されたJBCレディスクラシックとともに、2018年現在3つのJpnI競走が同一日に同一の競馬場で施行される。開催地は固定されておらず、各地の競馬場が持ち回りで開催している。

施行距離は基本的にはダート2,000mだが、施行場の都合により前後する。

【2018年 第18回 JBCクラシック】コースの特徴

2018年 第18回 JBCクラシック コース特徴

JBCクラシックのコースの特徴を見てみよう。JBCクラシックのコースは、ダート1,800mのスタート地点より100m後からのスタートとなる。芝1,800mとほぼ同じように流れるが、スタート後の直線距離が長いことから、枠順の有利不利が緩和されている。

向正面の半ばに上り坂があることから、無理をすると苦しくなり、レース後半では3コーナー手前からの下り坂よりペースアップとなる。1,800mと同様に後半のラップが速くなりやすいという特徴がある。距離が延びることによる、最後まで伸びることができるスタミナが要求される。

脚質としては逃げや先行馬が圧倒的有利となっており、直線に入ったところで行為に付いていなければ勝ち負けは難しくなる。

【2018年 第18回 JBCクラシック】過去10年の優勝馬

続いてはJBCレディスクラシックの過去10年の優勝馬を見ていこう。

回数開催日距離馬名性齢人気タイム
第8回2008年11月3日1870mヴァーミリオン牡611:56.7
第9回2009年11月3日1900mヴァーミリオン牡712:00.2
第10回2010年11月3日1800mスマートファルコン牡541:49.9
第11回2011年11月3日2000mスマートファルコン牡612:02.1
第12回2012年11月5日2100mワンダーアキュート牡652:12.5
第13回2013年11月4日2100mホッコータルマエ牡412:12.6
第14回2014年11月3日2000mコパノリッキー牡432:00.8
第15回2015年11月3日2000mコパノリッキー牡532:04.4
第16回2016年11月3日2100mアウォーディー牡622:15.3
第17回2017年11月3日2000mサウンドトゥルー牡742:04.5

【2018年 第18回 JBCクラシック】レース傾向

JBCクラシックのレース傾向を紐解いていこう。

JBCクラシックでは、過去17回の開催において、差し馬が勝ったのはたった4回であり、ほとんどは逃げ・先行馬が勝利している。中央競馬に比べ、小さいコースがほとんどとなるため直線が短いことから、必然的に前に付いてくる競馬が前に付いている競走馬が有利となる。ただし、2017年の条件ではJBCクラシックに出走できるJRA所属場は7頭までで、残りは地方競馬所属の競走馬となる。

地方競馬の競走馬は、トップクラスの数頭を除くと、中央競馬所属の競走馬のペースについていけないことがほとんどである。その結果として、JRA所属の差し・追い込み馬が先行しているようなポジションになることが多い。

ページトップへ