あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)】の穴馬予想

2019年 第19回アイビスサマーダッシュ(GIII) 穴馬予想

アイビスサマーダッシュは、サマースプリントシリーズの第3戦にあたる重賞競走。JRA唯一の直線コースで開催される重賞競走であり、直線競馬特有の迫力満点のレースを体感できる。1分にも満たない究極のスピード比べは、後のサマースプリントシリーズのチャンピオン決定戦のみならず、秋開催のスプリントGIの展望にもつながってくるので注目だ。

そんなアイビスサマーダッシュから、当サイトがオススメする穴馬はカイザーメランジェだ。

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)】の穴馬・カイザーメランジェの近走

まずは、カイザーメランジェの近走を見てみよう。

カイザーメランジェは、5月の鞍馬ステークス(OP)では単勝5番人気で5着、同月の韋駄天ステークス(OP)では単勝4番人気で6着と低調であったが、前走の函館スプリントステークスでは単勝5番人気ながら好スタートを切って逃げ切り勝利した。

カイザーメランジェにとって、今回のアイビスサマーダッシュ(GIII)への出走は前走より1ヵ月ぶりの出走となる。前走では7頭立てとなったことが大きかったとはいえど、見事な走りを見せて確かな能力を持っていることが分かった。優勝からの流れに乗って、馬券に絡んでくることを期待したい。

データから見たアイビスサマーダッシュの傾向と穴馬・カイザーメランジェ

続いては、アイビスサマーダッシュのデータを紐解いていこう。

過去10年の開催において、前走がGIII競走もしくはオープン特別だった競走馬が好走する傾向にあり、過去10年での連対馬20頭のうち17頭はこのいずれかのレースから出走した競走馬だった。前走がGIIIだった競走馬は、勝率12%・連対率16%・3着内率20%、前走がオープン特別だった競走馬は、勝率4.4%・連対率13.2%・3着内率17.6%と高い数値をマークしていた。

また、近走での芝1,000m戦への出走歴もポイントとなっており、過去2走以内に芝1,000m戦へ出走したことがある競走馬は、3着以内に14頭も入っていた。

カイザーメランジェは、前走がGIII競走の函館スプリントステークスで、2走前が芝1,000mの韋駄天ステークス(OP)であるため、上記の好走傾向に当てはまっている。重い馬場であっても好走するタイプであるため、前走からの勢いに乗っていけば、カイザーメランジェが連に絡んでくることも大いに考えられる。

【2019年 第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)】の予想を見るなら

ページトップへ