あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第57回アルゼンチン共和国杯(GII)】の穴馬予想

2019年 第57回アルゼンチン共和国杯(GII) 穴馬予想

アルゼンチン共和国杯は、暮れの大舞台へ弾みをつけるハンデキャップの重賞競走とされている一戦。

過去優勝馬にはスワーブリチャード、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、スクリーンヒーローなど、後にジャパンカップ(GI)や有馬記念(GI)で上位争いに加わった競走馬たちが並んでおり、今年もまたこのアルゼンチン共和国杯から後のGI競走で上位争いに加わる競走馬が出てくることだろう。

そんなアルゼンチン共和国杯から、当サイトがオススメする穴馬はトラストケンシンだ。

【2019年 第57回アルゼンチン共和国杯(GII)】の穴馬・トラストケンシンの近走

まずは、トラストケンシンの近走を見てみよう。

トラストケンシンは、5月のむらさき賞(1600万下)では単勝3番人気で4着、6月の垂水ステークス(3勝クラス)では単勝9番人気ながら5着、前走の六社ステークス(3勝クラス)では単勝6番人気ながら2着に入った。

トラストケンシンにとって、昨年9月のセントライト記念(GII)以来約1年2か月ぶりの重賞競走。六社ステークス(3勝クラス)から出走した競走馬はよく絡むことから、トラストケンシンもその可能性については大いに考えられる。

データから見たアルゼンチン共和国杯の傾向と穴馬・トラストケンシン

続いては、アルゼンチン共和国杯のデータを紐解いていこう。

過去10年の開催において、「前走がGI競走」だった競走馬が好走する傾向にあり、勝率20%・連対率26.7%・3着内率40%と高い数値をマークしていた。さらに、「前走が3勝クラス」だった競走馬が6頭連対していて、3連対率で30.8%と「前走GI」組に次ぐ高い数値をマークしていることもわかっている。

また近3走での3着以内の回数もポイントとなっており、3回だった競走馬が3着内率50%、2回だった競走馬が33.3%と高い数値をマークしている。

トラストケンシンは、前走が3勝クラスである点が上記の好走傾向に当てはまる。これまでに東京競馬場の芝2,400mレースで結果を残してきていることからも、このコースを適性としていることが分かる。前走の走りから考えても今後良くなる可能性があり、今回のアルゼンチン共和国杯でも好走することが考えられる。

【2019年 第57回アルゼンチン共和国杯(GII)】の予想を見るなら

ページトップへ