あらゆる競馬サイトを徹底検証!

【2019年 第53回スプリンターズステークス(GI)】の穴馬予想

2019年 第53回スプリンターズステークス(GI) 穴馬予想

スプリンターズステークスは、秋のスプリント王決定戦そして秋のGI第1弾としても注目度が高く、過去6年の開催では単勝1番人気の競走馬が4勝している一方で、単勝11番人気以下の競走馬から5頭が3着以内に入ってくる等、波乱の決着となることも少なくない。

そんなスプリンターズステークスから、当サイトがオススメする穴馬はリナーテだ。

【2019年 第53回スプリンターズステークス(GI)】の穴馬・リナーテの近走

まずは、リナーテの近走を見てみよう。

リナーテは、5月の函館スプリントステークス(GIII)では単勝6番人気ながら2着、8月のUHB賞(OP)では単勝1番人気の支持に応えて1着、前走のキーンランドカップ(GIII)では単勝3番人気で3着に入っていた。

6月の函館スプリントステークスでは、競走除外となっていたが、今年に入ってから出走した競走では、いずれも3着以内に入っており、非常に好調である。

データから見たスプリンターズステークスの傾向と穴馬・リナーテ

続いては、スプリンターズステークスのデータを紐解いていこう。

過去10年の開催において、過去2走で大敗していない競走馬が好走する傾向にあり、過去2走で最低着順が4着以内だった競走馬は、1着が勝率13.3%・連対率26.7%・3着内率40%、2着が勝率12.5%・連対率21.4%・3着内率28.6%、3着が勝率7.1%・連対率21.4%・3着内率28.6%、4着が勝率18.2%・連対率27.3%・3着内率45.5%と高い数値をマークしていた。

また、直近のJRAの芝1,200mの重賞における単勝人気もポイントとなっており、直近のJRAの芝1,200mの重賞で4番人気以内に支持されていた競走馬から9頭優勝しており、過去10年の連対馬のうち18頭を占めていた。

リテーナは、前走のキーンランドカップ(GIII)で単勝3番人気に支持されていた上に、3着に入っていたことから、上記の好走傾向に当てはまっている。加えて、瞬発力勝負となる1,200mを苦手とするステイゴールド産駒でありながら、芝1,200mのレースにて多く結果を残しており、稍重馬場でも1着に入るなど好走しているため、今回のスプリンターズステークスでも好走することが考えられる。

【2019年 第53回スプリンターズステークス(GI)】の予想を見るなら

ページトップへ